ビルメン(設備管理)は点検中に何を携帯しているの?

ビルメン(設備管理)って点検中に何を携帯しているか説明している記事のサムネイル画像

ビルメン(設備管理)って点検中に何を携帯しているか説明している記事のサムネイル画像

現役ビルメンブロガーのにゃんこです。

 

なんか最近コロナの関係で外出が減ってしまい何かと無気力なので、新記事の投稿をしていなかったのですがなんと1年ぶりの投稿になってしまいました。。。

僕のブログを見てくださっている方は本当にありがとうございます。

今日はビルメン(設備管理)が点検中に携帯してる道具についてご紹介したいと思います。

 

ビルメン(設備管理)が点検中に携帯している道具7つ

ビルメン(設備管理)が点検中に何を携帯するのか説明している記事の説明画像1つ目

僕や周りのビルメンは仕事中には大体7つの道具を携帯しています。

 

①点検表を挟んで持っていくためのバインダー

点検表とボールペンを持っていく際に、点検表に書き込んでいくのでバインダーに挟んでいきます。

 

人によっては壁を使って書く人もいますが、綺麗にかけなかったり点検表が汚れるのでオススメしません。

また、現場によってはバインダーが置いてなかったり数が少なくて取り合いになったりするので、自分用のバインダーを1つは持っておくと良いかもしれません。

僕は↓のようなバインダーを点検時にいつも使っています。


 

②携帯電話(スマホ)

ビルメンは仕事で携帯電話をよく使います。

特に電話をよく使います。

具体的には相手がどこにいるか分からなくて調べる場合や、設備員用の事務所や防災センターに戻ってきて欲しい場合に電話を使います。

 

現場によっては個人の携帯電話で連絡を取ったりしますが、、、業務に使った分お金を払ってくれる訳ではないです。汗

なるべく会社が支給している設備用携帯を使うようにしましょう。

どの現場にも最低1つは設備用携帯があります。

 

現場責任者(所長)など管理職になると会社から携帯電話を支給されるので問題ないのですが、、、個人の携帯電話で連絡を取ったりするのは気になりますね。。。

 

③メモ帳

ビルメンは基本的には設備の点検に行くので話しかけられることは少ないです。

 

ただ、働き始めてテナントの方々と顔なじみになると通路などでお会いした際に「所長にお願いした〇〇の件、どうなったか聞いてくれる?」と確認依頼は来たりします。

お恥ずかしい話ですが僕は忘れっぽく、メモなしでは忘れてしまうので一応メモ帳を携帯しています。

また、点検中に何か気になったこと、間違いないか確認したいことなどをメモする際にもメモ帳は役立ちます。メモ帳を携帯しておくことをオススメします。

 

僕は↓のような小さなリングノートを使っています。


 

④腕時計

ビルメンになってみると分かるのですが、設備の点検表には基本的に点検時間を記入する必要があります。

大体のテナントでは携帯電話で時間を確認しても大丈夫なのですが、一部のテナントでは従業員及び、協力会社にテナント内での携帯電話の使用を禁止しています。

そのような際に携帯電話で時間を確認できないので腕時計を身につけています。

ビルメンの仕事中に使う時計は、点検時に汚れる可能性が高いので日常生活で使う時計とは分けておくことをオススメします。

自身の経験からですが、良い時計をつけて点検中に汚してしまうと気分が下がります。。。笑)

僕は↓のようなカシオの安い電池式の腕時計(デジタル)を使っています。


 

⑤ペンライト

ビルメンが設備を点検する際、照明はあっても暗くて値が見にくいという場合があります。

 

具体例を挙げると

 

・電気メーターはボックス内に覆われていて光が入ってこなくて値が見にくい。

・水道メーターはシンクの下にあるので、光が入ってこなくて値が見にくい。

・空調設備の確認すべき圧力計が地上から遠くて値が見にくい。

 

という感じです。

このような時、小さなペンライトがあると値をしっかりと見ることができて点検ミスを防ぐことができるので携帯するようにしています。

僕は↓のようなペンライトを点検時には必ず持っていくようにしています。


 

⑥各種工具、計器類

工具や計器類は点検によって持っていく持っていかないがあるのと全て書くと膨大になってしまうので、ほとんどの点検で携帯しているものだけ書かせていただきます。

(実際は下記工具と計器+その点検をする際に必要な工具と計器を持っていくという感じです。)

 

工具だとプラスドライバー、マイナスドライバーを携帯しています。



 

 

また、計器類としては電気が流れているか調べる計測機(テスター、検電器)を携帯しています。

(テスターや、検電器を個人で持っておくと便利なので僕は持っていますが高いので会社が買ってくれるなら会社に買ってもらいましょう。)



 

⑦各部屋に入る鍵

どの現場でも基本的には設備員用の事務所や防災センターに各部屋に入るための鍵が置いてあります。

 

点検中に入らないといけない部屋の鍵だけその都度借りて携帯します。

現場によってはグランドマスターキーという建物全体どこでも開く鍵を貸してくれる場所もありますが、借りるのはなるべく避けましょう。

もし無くしてしまったら、全てのテナントの鍵を交換しないといけないことになり、テナントの方々に迷惑をかけるだけではなく会社も莫大な賠償金を支払うことになるからです。

 

おわりに

新型コロナウイルスの影響が長く続いていて、苦しい社会情勢が続いています。

 

ビルメンは建物オーナーに雇われていますが、テナントの方々が建物オーナーにお金を払い、そこから建物維持の経費としてビルメン会社に報酬が払われお給料を頂いています。

僕達ビルメンも生活がかかっているのでどうしようもないのですが、テナントの方々には申し訳ない気持ちがあります。

テナントの方々(特に飲食をされているテナントさん)は苦しい立場にあるので、早く収束を願うばかりです。。。

 

また別の記事でお会いできたら嬉しいです。(^^)/

2 COMMENTS

おじさんその1

ご無沙汰しております。
昨年コメント欄で大変お世話になりました。あの後、色々とありまして…、再転職して、実は今ビルメンの仕事をしています。

お元気そうで良かったです。今後も記事を楽しみにしております。

返信する
にゃんこ

おじさんその1さん、こちらこそご無沙汰しております。
お返事遅くなってしまい申し訳御座いません。。。

昨年はコメント欄でこちらこそ大変お世話になりました。

今はビルメンの仕事をされているんですね!
僕としてはビルメンを進めている立場なので、ビルメンになられたこととても嬉しいです!
大変な事もあるとは思いますが、お互い頑張っていきましょう!

最近、記事の更新ができておりませんが元気にしていますので
今後ともよろしくお願いいたします。(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です