ビルメン(設備管理)業界で契約社員、派遣社員として働くメリットとデメリット

ビルメン(設備管理)業界で契約社員、派遣社員として働くメリットとデメリットについての記事のサムネイル画像

現役ビルメンブロガーのにゃんこです。

 

 
ビルメンになって働く場合、正社員として働くもしくは契約社員派遣社員で働くパターンに分けられます。
 
週4~5で働くことになるので、正社員を希望する人がほとんどです。
 
でも、自分から契約社員派遣社員で働くことを選ぶ方もいらっしゃいます。
 
 
 
その理由としてはビルメン業界で契約社員派遣社員として働くのはデメリットだけではなく、メリットもあるからです。
 
 
 
今日はビルメン(設備管理)業界で契約社員派遣社員を選ぶメリットとデメリットについて記事を書きたいと思います。
 
 

 

 

ビルメン(設備管理)業界で契約社員派遣社員を選ぶメリット

ビルメン(設備管理)業界で契約社員、派遣社員として働くメリットとデメリットについての記事の画像1

 

ビルメン業界で契約社員派遣社員を選ぶメリットとしては大きく3つあります。

 
 
 

メリット1:正社員と違って契約社員派遣社員は希望を出すか、現場が解約になった時以外、現場異動なし。

 
ビルメンには現場異動があります。
 
現場責任者や、現場で電気主任技術者に選任されているなど重要な役割を任されていない限り、3~5年ほど正社員として働くと現場異動になる場合がほとんどです。
 
独立系ビルメン会社、大手系列系ビルメン会社関わらず現場を複数持っているところなら現場異動は避けられません。
 
 
ただし、正社員と違って契約社員派遣社員は自分から現場異動を希望出すか、現場が解約になったりしない限り現場異動はありません。
 
 
 
 

メリット2:正社員と違って契約社員派遣社員は求められる仕事量、責任は少なめ。

 
正社員として働くとトラブルが起きた際は修繕見積もりなどの作成など金銭が関わり、責任重たい仕事をやらなければなりません。
 
また、正社員として働くと資格によっては現場で選任されてしまい責任は重たい傾向にあります。
 
ただし、契約社員派遣社員に関しては基本的に金銭が関わる仕事や、資格の選任をなるべくしないようにしています。
 
(大手系列系ビルメン会社に関しては基本的にそのような傾向があります。)
 
 
 

メリット3:正社員と違って契約社員派遣社員は長く勤めていても現場責任者になることは求められない。

 
正社員として働くといずれ現場責任者になることを求められます。
 
現場異動と同じく独立系ビルメン会社、大手系列系ビルメン会社関わらず、長く勤めると求められるでしょう。
 
ただし、契約社員派遣社員は長く勤めていても現場責任者(管理職)になることは求められません。
 
 
 
 
 
 

ビルメン(設備管理)業界で契約社員派遣社員を選ぶデメリット

ビルメン(設備管理)業界で契約社員、派遣社員として働くメリットとデメリットについての記事の画像2

 
ビルメン業界で契約社員派遣社員として働くデメリットとしては同じく3つあります。
 
 
 

デメリット1:正社員として働くのと、契約社員派遣社員として働くのでは将来的に年収に大きく差が出てしまう。

 
契約社員派遣社員として働くのではボーナス(賞与)が同じ額出ません。
 
会社によって変わりますが、契約社員派遣社員として働くと良くて正社員のボーナスの半分、悪いと全くでません。
 
また、正社員には昇給がありますが、契約社員派遣社員として働くと昇給がない場合がほとんどなので年収に大きな差が出てしまいます。
 
 
 
 
 

デメリット2:正社員と違って契約社員派遣社員は福利厚生を全ては受けることができない。

 
契約社員派遣社員として働くと求人に記載されている福利厚生を全ては受けることができません。
 
正社員限定になっている福利厚生もあります。
 
福利厚生を重視されている方は契約社員派遣社員として働く前にしっかりと確認しておいた方が良いと思います。
 
(求人だと分からない場合は、入社前の面接時などに人事に直接確認すると良いと思います。)
 
 
 
 

デメリット3:正社員と違って契約社員派遣社員は雇用が安定していない。

 
契約社員派遣社員として働くと正社員ほど雇用は安定しないです。
 
現場が解約になってしまった時、正社員を優先的に残すようになります。
 
ただ、今のところビルメン業界は人手不足のため契約社員派遣社員の方も別の現場へ行かないか話があって断らない限りは会社に残れると思います。
 
(大手系列系ビルメン会社は特に契約社員派遣社員の方にも残ってもらうように動く傾向にあります。)
 
 
 
正社員ほど雇用は安定していませんが、余程の事情(無断欠勤の常習犯、全く仕事をしない等)がない限りはいきなり雇用が打ち切られるということはほぼないです。
 
そこまで気にしなくて良いかもしれません。
 
 
 
 
 
 

おわりに

僕はビルメンになるなら、今のところは正社員での雇用が良いと思っています。
 
ボーナスや昇給が資格取得や新しい仕事を覚える際のやる気に直結すると思っているからです。
 
でも、現場異動が嫌だったり、責任が重たい仕事をやるのが嫌という理由で契約社員派遣社員の雇用を希望される方の気持ちも分かります。
 
(楽な現場に配属されたら、一生その現場で働きたいです。笑)
 
 
 
独立系、大手系列系どちらのビルメン会社も契約社員派遣社員は募集があります。
 
何かしら事情があって、正社員で働くのがどうしても嫌なら、契約社員派遣社員で働くことも考えてみてくださいね。
 
良かったら現役ビルメンの僕がオススメの転職サイト、転職エージェントについて書いた記事も読んでみてください。
 
 

 

 
 
また別の記事でお会いしましょう!(^^)/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です