ビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリット

ビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリットについての記事のサムネイル画像

現役ビルメンブロガーのにゃんこです。

 
以前、ビルメンで働く際に契約社員派遣社員として働くメリットとデメリットについて記事を書かせていただきました。
 
(もしまだご覧になっていない場合は良ければ一緒に見てみてくださいね。)
 

 
 
今日はビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリットについて記事を書きたいと思います。
 

 

ビルメン(設備管理)で正社員を選ぶメリット

 ビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリットについての記事の画像1

ビルメン業界で正社員として働くメリットとしては下記3つがあります。
 
 
 

メリット1:正社員は昇給、賞与(ボーナス)が契約社員派遣社員と違って満額ある。

 
正社員として働くと契約社員派遣社員と違って毎年昇給があるのと、ボーナスは満額もらえます。
 
特にボーナスは契約社員派遣社員として働くと良くて正社員の半分、悪いと出ない場合があります。
 
契約社員派遣社員として働くより正社員で働いた方が年収はだいぶ変わります。
 
 
 

メリット2:正社員として働くと契約社員派遣社員と違って福利厚生を全て受けることができる。

 
正社員として働くと契約社員派遣社員と違って福利厚生を全て受けることができます。
 
特にあると良い福利厚生(家賃補助、資格手当、選任手当、家族手当など)は正社員限定になっている場合があります。
 
ビルメン会社で働く際に福利厚生を重視されている方は正社員で働く方が不満を持ちにくいと思います。
 
 
 
 

メリット3:正社員として働くと契約社員派遣社員より雇用は安定します。

 
現場が解約になってしまった場合、ビルメン会社も他の会社と同様に正社員から残すように動きます。
 
契約社員派遣社員より正社員として働く方が他の業界同様に雇用は安定していると言えます。
 
ただし、今のところはビルメン業界は全体的に人手不足のため、あまりメリットを感じないかもしれません。
 
 
 
 

ビルメン(設備管理)で正社員を選ぶデメリット

 ビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリットについての記事の画像2
 
ビルメン業界で正社員として働くデメリットとしては下記3つがあります。
 
 

デメリット1:契約社員派遣社員と違って正社員は基本的に現場異動がある。

 
現場責任者や現場で電気主任技術者に選任されているなど、重要な役割を任されていない限りは3〜5年で現場移動があります。
 
特に3年で現場異動になってしまった場合、やっとその現場の仕事を一通り覚えたところで新しい現場でまた新しい仕事を一から覚えることになり大変です。汗
 
個人的にはビルメン会社で正社員として働く一番のデメリットだと感じています。
 
(最低5年くらいで良いのでは???と僕自身は思っています。)
 
 
 

デメリット2:契約社員派遣社員と違って正社員は求められる仕事、責任が多め。

正社員として働くと修繕見積もりなどの作成などの金銭が関わる仕事も契約社員派遣社員と違ってやらなければなりません。
 
また、正社員として働くと現場によっては資格の選任が行われる場合がほとんどです。
 
契約社員派遣社員として働くより正社員として働く方が責任が重たくなる傾向にあるのでデメリットの方が強いと感じます。
 
(特に大手系列系ビルメン会社に関してはそのような傾向があります。)
 
 
 

デメリット3:契約社員派遣社員と違って正社員は長く勤めていると管理職になることを求められる。

 
契約社員派遣社員は長く働いても管理職に求められることはありません。
 
ただ、正社員の場合は10年程度で管理職になることを求められます。
 
まあただ、管理職になるとその分給料もしっかりと上がるのでデメリットばかりではありません。
 
(大手系列系ビルメン会社だと大体、課長や現場所長クラスで500〜600万くらいはもらえます。)
 
 
 
 

ビルメン(設備管理)に転職するなら、何かしらの事情がない限りは正社員での雇用をオススメします。

 ビルメン(設備管理)業界で正社員として働くメリットとデメリットについての記事の画像3
僕自身はビルメンになるなら今のところ、正社員での雇用がいいと良いと思っています。
 
大手系列系ビルメン会社で働くと特に感じるのですが、契約社員派遣社員と正社員の待遇格差が大きいからです。
 
出世したくない、責任がある仕事をしたくない、現場移動をしたくない等の何かしら事情がない限りは正社員での雇用をオススメします。
 
 
 
お時間あれば現役ビルメンの僕がオススメの転職サイト、転職エージェントについて書いているので一緒に見てみてくださいね。
 

 

 
 

おわりに

過去の経験にもよりますが、ビルメン業界未経験から正社員雇用される際には資格が重視される傾向にあります。
 
年齢と現状にもよって変わりますが、ビルメン4点セット(第二種電気工事士、2級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者)を取っていると正社員雇用をされる確率が上がります。
 
ビルメン4点セットなど、ビルメン業界で必要になる資格についてまとめた記事があるので良かったら見てみてくださいね。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です